海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

仕事

いままでの職歴 その3

投稿日:2015年5月6日 更新日:

無職生活も2か月を経過する頃、米系のジーンズメーカーのITとしてオファーレターをもらいました。
年収は前のものに較べてかなり下がり、やはり転職は在籍している時にするべきだなと体感しました。

そのジーンズメーカーでは、主にDWH (Data WareHouse)とレポーティングを担当しました。
BIツールの導入、そして途中でAsia PacificベースのBIツールへの変更プロジェクト、Reportの刷新などを行っていました。ただこの会社の業績が途中から怪しくなってきまして、会社を離れる人が多くなってきました。給料が全然上がらないこともあり、ある時転職エージェントの勧める米系製薬会社に応募しました。


43歳の時にその製薬会社に転職しました。短いものも入れて5回目の転職です。
その会社では、やはりDWH, SFA (Salesforce Automation), 医療施設マスター管理などを担当しました。途中からはData Martの開発に携わり、InformaticaのETLツール導入なども開始しました。

その頃、ジーンズメーカー当時の上司から、その上司が転職した会社にとお誘いを受けました。その時には米系製薬会社に勤務してから1年半くらいだったため、一度お断りをしたのですが、再度お誘いを受けまして、結果その会社に転職することにしました。その製薬会社であるワイスは、僕が転職した半年後にファイザーに吸収合併され、ITメンバーはファイザーにITとしては2人しか残ることができず、ちりぢりになってしまったのは皮肉です。残っていたらどんな運命が待ち受けていたのか想像がつきません。

現在の会社は超グローバルカンパニー。入社当初は、全社的にSAP導入プロジェクトのレポート関係(BWの開発)に携わりました。2009年秋に無事GoLiveをむかえ、その後はWeb等デジタルマーケティングやコールセンター系(CTI, CRM)を担当しています。グローバル企業の場合、日本で独自のシステムってのはなかなか作れず、システム開発の面白いところ、いわゆる醍醐味に欠けることが今回の退職につながりました。

以上、僕の職歴でした。最初の会社が11年、以降3年、3か月、6か月、無職(2ヶ月半)、5年、2年、7年とほぼ切れ目なく働いてきました。
今回のような目一杯の有休消化することは初めてです。思いっきり満喫したいと思います。

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シニア海外ボランティア二次試験に臨む

本日、札幌市のJICA北海道にて、シニア海外ボランティアの二次試験を受けてきました。 12月6日の一次の結果発表の後に必要な健康診断も事前に行い、郵送を完了しています。今回はコレステロールをコントロー …

引越しの手配

今のアパートは3月いっぱいまで滞在可能。じゃあぎりぎりまでいたいじゃありませんか! ということで、札幌から帰って住まいを決めた後、引越し屋さんに連絡を取りました。 ネットの複数会社から最安値を引き出し …

海外シニアボランティアに応募する

JICAの海外シニアボランティアには前から興味がありました。 今回、札幌に引っ越しましたが、現在は求職中ということになっております。失業給付をもらいながら、北海道の生活を満喫する予定ですが、現在シニア …

シニア海外ボランティア一次試験結果

先日、JICAのシニア海外ボランティアに応募した記事を投稿しましたが、一次試験の結果がわかりました。 昨日、12月6日が一次選抜の発表日で、JICAのサイトでそこを通過したことはわかっていたのですが、 …

シニア海外ボランティア 2017年秋募集に応募する

8月に落選して残念だったJICAのシニア海外ボランティア 9月29日から2017年の秋募集が始まりました。年に2回の募集で、TVのコマーシャルや交通広告がうたれています。 9月22日に札幌市の地下歩行 …

カレンダー

2019年5月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

174人の購読者に加わりましょう