海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

仕事

いままでの職歴 その2

投稿日:2015年5月4日 更新日:

1997年に米系医療医薬品メーカーに転職しました。その会社は事業部制をとっていて、その事業部・コンタクトレンズの製造販売のIT係長として入社しました。基幹システム以外のオープンシステム開発を担当したんですが、様々なシステム導入をすることができました。

多次元データベースによるBI(Business Intelligence)ツール、CRM (Customere Relationship Management)システム、それに連動したCTI/PBXシステム、Lotus NotesによるSales支援システム、サイボウズのイントラネットシステム、全社ノートブックPCの選定、ワンタイムパスワード導入などなど。その実績が認められてマネージャに昇格しました。人間関係も良好で、ユーザ部門やIT内部も仲良しで、大企業と小さな企業の良いところを合わせ持つその会社で楽しく働いていました。


しかしその頃、ヘッドハンティングされ、高給につられて、その会社を退職して米系医療器具メーカー転職しましたが、事前に聞いていた内容よりもさらに高いポジション-日本子会社のIT Headでの採用だったため、あまりに未経験で仕事が苦痛となりわずか3ヶ月で退職しました。この転職のために、千葉から川崎市に引っ越しまでしたのに、数カ月後には再び千葉に戻りました。敗北感が強かったですね、その当時は。

次の会社は、米系のコールセンターを開発・販売する会社。初のITベンダー勤務となりました。こちらで身を立てるんだと日夜がんばっておりましたが、アメリカのナスダックがどかんと下がったとのことで、日本の営業・プリセールス部門は全員が解雇ということで、あえなく6か月間でベンダー勤務に終わりをつげました。

会社都合の退職ということで、すぐ失業手当をもらうことができました。ハローワークは失業手当をもらうために訪問していましたが、本命は転職エージェントの持ってくる話でした。複数社の転職エージェント会社と面談をして紹介を依頼いたしました。

その頃は、やはり毎日家にいる生活。ここがチャンス!と旅行を計画するような余裕もなく、なんとなく居心地の悪い日々が続きました。(つづく)

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シニア海外ボランティアの二次試験に臨む

先日、シニア海外ボランティアの一次試験合格の記事を書きましたが、昨日二次試験を受験いたしました。 場所は、JICA北海道。地下鉄東西線南郷18丁目から徒歩10分程度のところにあります。 受付時間は9時 …

シニア海外ボランティア二次試験に臨む

本日、札幌市のJICA北海道にて、シニア海外ボランティアの二次試験を受けてきました。 12月6日の一次の結果発表の後に必要な健康診断も事前に行い、郵送を完了しています。今回はコレステロールをコントロー …

no image

離職票を持って市役所へ

3月までは青森に滞在予定ですが、病院は2月中の退職になっています。 そこで国民年金、国民健康保険への移行のため、青森市役所に行きました。 持参物は年金手帳、離職票、健康保険資格喪失証明書です。

再就職が決まる

先日、大人の休日倶楽部パスで青森と新潟県に行きましたが、メインの目的は僕の再就職のことでした。 実は青森にいる親友が院長をやっている病院で、システムがイマイチなので手伝ってくれないかと依頼されました。 …

これからの予定

2017年春・秋のJICAのシニア海外ボランティアに2回続けて不選考となりました。 そこで従来からの予定通り、タイに移住を計画しています。 2月に不合格が判明した後、腹が立つのですぐ行ってやろうかとも …

カレンダー

2019年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

170人の購読者に加わりましょう