海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

その他

配偶者控除を廃止して、「夫婦控除」導入を検討

投稿日:2014年12月15日 更新日:

政府は、専業主婦やパートの妻がいる世帯の所得税と個人住民税を軽くする「配偶者控除」を見直し、新たに妻の収入にかかわらず一定額を夫の所得から差し引く「夫婦控除」を導入する検討に入った。

新制度は女性の社会進出を支援するのが狙いで、配偶者控除の対象となる「年収103万円以下」の規定は撤廃されることになる。

2015年度税制改正大綱に配偶者控除の廃止方針を盛り込み、16年度以降に新制度を導入する考えだ。


配偶者控除は、妻の年間所得が38万円以下(給与なら年収103万円以下)だと、夫の課税対象となる所得から38万円(住民税は33万円)が差し引かれ、所得税と住民税の納税額が減る仕組みだ。約1400万人に適用されている。安倍首相が3月に見直しを指示していた。

「夫婦控除」を検討…妻「103万円」規定撤廃

これって収入に関係なく結婚していれば控除されるってことですよね。
つまりは独身の人には全くメリットがないわけだから、事実上の独身税ってことになると思う。

少子化対策には少しくらい貢献するかもしれないけど、子供を作る気がないのに結婚する人は、もろ税制上の利益を得ることになります。

でも男だけ控除ってなんだか不公平だよね。専業主夫みたいな人もいるだろうし、共働きでも旦那よりも稼ぎの多い女性も多いだろう。

でも本気で少子化対策をしたければ、単純に「育児手当」を増額すれば良いと思う。婚姻による税制上の利益というのは全く意味がないような気が。結婚だけしても子供ができなければ意味がありません。

「子供を作りたくてもできない場合がある」というケースもあるかもしれませんが、そういった場合、不妊に対してなんらかの手当を与えればいいだけのことかな。

photo by:

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

石巻ボランティア活動 1日目

本日、ボランティア活動来ています。昨晩は宴会でプチ社員旅行のようです。 今日の活動は公園の遊具のペンキ塗り。ヤスリをかけ、さび止めを塗った後、ペンキを二度塗りしました。

ブルートレインが2015年にも全廃

ブルートレイン廃止のニュース見ました。どんどん減っていて、今では大阪駅発着するブルートレインはもうありません。現在残っている上野-青森間を結ぶ「あけぼの」、上野-札幌の「北斗星」も廃止が決まったそうで …

バンコクでの生活がはじまる

8月22日にバンコクに渡航いたしまして、マリオット・スクンビットに1週間滞在しながら、住処を探しました。 日本にいるうちから、バンコクのすずき不動産(別ウインドウで開きます)にコンタクトをとり、住まい …

【祝】ととけん1級合格

昨日、新橋の魚金ピッコロに行った帰り、自宅に帰ると日本さかな検定事務局から封筒が届いていました。こ・これは先日受検したととけんの結果連絡です。 ちなみにととけんに関する前回の記事はこちらになります。 …

2020年のオリンピックは東京開催に決定

2020年のオリンピックの東京開催が決まった。実際、テレビ中継を見ていましたが、決まった瞬間は鳥肌が立ちました。おめでとう! 2020年といえば、7年後。僕はどこで何をしているだろう。現在の職場で働い …

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

168人の購読者に加わりましょう