海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

読んだ本 買ったもの/買いたいもの

「外こもりのススメ 海外のほほん生活」読みました

投稿日:2013年10月27日 更新日:

外こもりのススメ 海外のほほん生活という本を買って読みました。安田誠さんという方の著書です。 外こもりの定義から、短期、中期、長期の移住パターンなど実際の経験に基づいた海外生活のパターンが書かれています。

photo:01


各章のはじめには4コマ漫画があり、その漫画もなかなかいけます。漫画家について記載がありませんので、安田さんご自身が書いたなのかなー。それはそれですごい才能だよな。 第3章からはバンコクでの生活が活き活きと記載されています。予算別の生活、カツカツの月3万・普通の月7万・豪華な月18万とあって、その18万生活に思いをはせたりしました。また彼はバンコクで友だちとしょっちゅう飲みに行ったり、タイ人の彼女がいたり充実した生活を送っていたことがかいま見られます。ただビザの更新には辟易していたようです。(50歳以上は1年有効で更新可能なリタイヤメントビザがあります。)

photo:02

また非常に興味深かったのは、外こもりに適した都市を比較している件。 治安、インフラ、ビザ、物価、食事、娯楽の観点からバックパッカーに愛されている都市を比較しています。その都市は、バンコク(タイ)、バリ島(インドネシア)、大理(中国)、カトマンズ(ネパール)、ゴア(インド)、フンザ(パキスタン)、イスタンブール(トルコ)、カイロ(エジプト)、リオデジャネイロ(ブラジル)、メキシコシティ(メキシコ)、那覇(日本)です。 ここに那覇が入っているのがセンスいいなあって思いました。あとチェンマイやマレーシアのどこかの都市も入れていただければ更に良かったなあ。

photo:03

本名は棚橋さんという方なんですが、2008年この本を出した後に殺害されてしまいました。 やはり自分の本で投資のみで生活しているという肝心なことを開示してしまい、脇が甘かったのかなと思います。またその年はリーマンショックがあり、投資をしていたほとんどの人間が損をしてしまった時期、そういった時期に他人に投資指南をしてしまったことにより恨みを買ってしまったのは不運でした。 海外では同じ日本人でもロクでもない輩がいると言われています。日本人が同じ日本人を騙すことが横行していると聞きます。セキュリティを確保した上で、不必要な情報は出していかないようにしないといけないんでしょうね。 若くして亡くなられた安田誠さんこと棚橋貴秀さんのご冥福をお祈りいたします。


-読んだ本, 買ったもの/買いたいもの
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

わいどの木オンラインショップでお買いもの

先日青森旅行に行ったとき、下北半島で青森ひばを使った木工のお店、わいどの木へ行ったことを記事にしました。 青森風間浦 手作り木工館「わいどの木」と下風呂温泉新湯 こちらで買った青森ひばの枕を、リビング …

Mac Book Airがやってきた

先日に発注していたMac Book Airをついに手に入れました。 iPhoneやiPadは持っていましたが、Macは生涯で初めての購入となります。 アップルストア銀座で引き渡しでした。アップルストア …

ヴィレッジヴァンガードの株主優待券を使う

NISA口座にて長期保有株のうち一つのヴィレッジヴァンガード。 年間1万円分の優待券(1000円券が10枚)がもらえますが、本日1月31日が期限です。 見てみたところ、あと2枚残っていました。

わいどの木から商品が届きました

わいどの木オンラインショップでお買い物したお品がさっそく届きました。 お買いものの記事はこちらです。 わいどの木オンラインショップでお買いもの 仕事が早いですねー。こちらは枕(小)です。花がら模様の枕 …

デジカメ写真のレタッチ・加工が上手くなる本を買いました

今年の年末年始は、旅に出ずに日本にいたので、その間に写真編集技術を高めようと画策しました。そのために選んできた本がこちら。「デジカメ写真のレタッチ・加工が上手くなる本」

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

171人の購読者に加わりましょう