海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

仕事

リクルートキャリアコンサルティングの見学

投稿日:2015年5月26日 更新日:

パソナキャリアにつづきまして、リクルートキャリアコンサルティングの横浜支店に見学に行ってきました。

ビルはパソナキャリアよりも古いビルの20階にありました。地理的には横浜駅からほど近く、両社に違いはあまりありません。強いて言えばリクルートの方は、地下街から直接アクセスできるため濡れずに行けるといったとこか。

さてリクルートキャリアコンサルティングの謳い文句は以下の通り。

・リクルートキャリアコンサルティングは、日本最大※1の人材サービス企業リクルートグループの再就職支援会社です。 
※1 出典/東洋経済新報社『会社四季報 業界地図2014年版』人材サービス業界

◇リクルートグループならではの豊富な求人情報
◇正社員に強い、女性の転職サポート充実の「リクルートエージェント」のネットワークを活用
◇全国約120拠点 47都道府県にオフィスを開設


やはりシニアなおじさんがサービスを説明してくれました。
すこし見学面接慣れしてきたのか、数年後に海外移住を考えていますと言ったところ、その再就職先についてはその海外を踏まえたところを考えてもいいのではとアドバイスされました。今までの経歴から、ITまわりの仕事しか考えていなかったのですが、そういえばそうだよな~と思ったりもしました。

パソナキャリアと違うところは、6か月以内に退職した場合でもサービス継続できるのは同じですが、その時には継続サービスが開始されてから6カ月でサービス停止となるそうです。何回でもサービスが継続できるパソナが輝いて見えました。

また共用スペースのテーブルの大きさ、飲み物の種類や新聞・雑誌の充実度がパソナに劣ります。まあ横浜のオフィスだけの比較ですので、一概には言えませんけど。

というわけでいいアドバイスをいただいた上で、設備やサービス内容のすぐれているパソナキャリアに申し込みしようと思っている僕でした。

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パソナキャリア横浜を見学した

7月で会社を退職しますが、会社のセカンドキャリア支援制度に申し込みました。 その制度は、退職金の上乗せと再就職支援サービスを受けることができることとなります。 その再就職支援制度とは、再就職活動につい …

シニア海外ボランティアまたも不合格

昨日、2月16日はJICAのシニア海外ボランティア、2017年秋募集の結果発表日。 午前10時過ぎ、出先でスマホからサイトを除いてみると結果がでています。 どきどきしながら、自分の番号を探しますが、な …

札幌で住まい探し その1

いろいろ移住ブログやら移住体験記など見ていたら、やはり札幌のリビングコスト、特に住居の賃料が安いことがわかりました。 住み慣れたURもあります。そこで札幌の賃貸物件の価格やら居住エリアがどこがいいのか …

引越しの手配

今のアパートは3月いっぱいまで滞在可能。じゃあぎりぎりまでいたいじゃありませんか! ということで、札幌から帰って住まいを決めた後、引越し屋さんに連絡を取りました。 ネットの複数会社から最安値を引き出し …

no image

シニア海外ボランティア合格できず

8月10日はJICAのシニア海外ボランティアの結果発表日。 どきどきしながらJICAのホームページを眺めていました。結果がホームページ上にアップされたのは、午前11時前。 そのPDFを開いてみます。 …

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

169人の購読者に加わりましょう