海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

海外投資 海外ビジネス

フィリピン商業案件について

投稿日:2013年2月18日 更新日:

昨日、合同会社2013キックオフセミナーが開催され、フィリピンの商業案件の紹介がありました。

チャーリータカさんや真田孔明さんが昨年投資した商業物件(年間利回りが50%以上とか紹介されているもの)とは全く別の案件でした。

投資してからは、物件開発期間が入り、配当が入り始めるのは2年後から1年1回。年間配当は16%を予定しているとのことですが、保証はありません。期間も20年を予定していると言っていますが、それも予定で確定ではなく、その20年が過ぎたあとに投資金額が返ってくるわけではなさそうです。売却もできないわけですから、20年後はどうなっているんでしょうね。


また出資金を送金時に、さらに5%の手数料もとられ、配当からも10%の組合員報酬(?)もとられるとのことなので、なんだかんだで引かれてしまうスキームのようです。出資金も日本円払いで、でもペソに換金するのでしょうから、そのレートはどうするのかの説明も一切ありません。

流動性も全くなく、途中解約もできないわ、途中で売却もできない案件なので、今回は見送ることにいたします。捨て銭だったらいいかもしれないですけど。。

昨年開発した案件ならばなかなか魅力的だったのでしょうが、そのような情報はやっぱり入ってこないですね。今回もすごく楽しみにしていたのですが、なんかあまりはっきりしていないスキームに虎の子をたくすことは、やっぱりできませんでした。

photo by:

-海外投資, 海外ビジネス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スタンダードライフのポートフォリオを見直す その3

スタンダードライフはスイッチングの手数料はかからず、BidとOfferの差額(買う時と売るときのスプレッド)もありません。ただし信託報酬が年0.20%から3.00%までファンドによりかかります。これの …

オリジン社のプロジェクトを見学する

オリジン・プロパティ社のトロピカーナ Tropicanaというプロジェクト名のコンドミニアムの購入契約を結んでいますが、その建築状況ならびに他のプロジェクトを見学してきました。 指定された待ち合わせ場 …

アユタヤ ウェルネースパークレジデンスの広告

先週、バンコクに訪れた際に、グローバルアセットアジア社に訪問して物件の進捗状況を聞いてきました。 工事はタイでは珍しく順調とのことで、商業施設Little Japanも建設開始したそうです。建物が完成 …

no image

コソボ共和国のランドバンキング

東ヨーロッパで、元ユーゴスラビアに属しているコソボ共和国って知っていますか。コソボ紛争が有名ですが、もう紛争はずいぶん前に終わり、現在は平和な国だそうです。僕が所属している投資クラブでそこのランドバン …

リトルジャパン出店説明会に参加した

金曜日の夜にリトルジャパン出店説明会に参加しました。 参加定員20名で、満席ときいていたのに、参加したのは7名のみ。冷やかしで申し込んで、参加しないのはよくないね。 この記事で新発見情報などをシェアい …

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

174人の購読者に加わりましょう