海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

海外投資 海外ビジネス

フィリピン商業案件について

投稿日:2013年2月18日 更新日:

昨日、合同会社2013キックオフセミナーが開催され、フィリピンの商業案件の紹介がありました。

チャーリータカさんや真田孔明さんが昨年投資した商業物件(年間利回りが50%以上とか紹介されているもの)とは全く別の案件でした。

投資してからは、物件開発期間が入り、配当が入り始めるのは2年後から1年1回。年間配当は16%を予定しているとのことですが、保証はありません。期間も20年を予定していると言っていますが、それも予定で確定ではなく、その20年が過ぎたあとに投資金額が返ってくるわけではなさそうです。売却もできないわけですから、20年後はどうなっているんでしょうね。


また出資金を送金時に、さらに5%の手数料もとられ、配当からも10%の組合員報酬(?)もとられるとのことなので、なんだかんだで引かれてしまうスキームのようです。出資金も日本円払いで、でもペソに換金するのでしょうから、そのレートはどうするのかの説明も一切ありません。

流動性も全くなく、途中解約もできないわ、途中で売却もできない案件なので、今回は見送ることにいたします。捨て銭だったらいいかもしれないですけど。。

昨年開発した案件ならばなかなか魅力的だったのでしょうが、そのような情報はやっぱり入ってこないですね。今回もすごく楽しみにしていたのですが、なんかあまりはっきりしていないスキームに虎の子をたくすことは、やっぱりできませんでした。

photo by:

-海外投資, 海外ビジネス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

次なる投資(2)

昨日に続いて次の投資について。 お世話になっている方のブログを見てみると、9月から募集開始した訴訟ファンドですが、まだ引き続き募集中とのこと。このケンタウルスシリーズは人気が高く、通常1カ月以内ですぐ …

アユタヤのウェルネスパーク、ついに買い取り実施へ

2015年に完成して引き渡しをしたタイ・アユタヤのウェルネス・パーク・レジデンス(以下、WPR)。 完成しても入居率が全く上がらず、想定していた賃料が入るどころか、毎月の管理費や営業経費を払うと赤字に …

タイ・アユタヤの商業施設「Little Japan」

タイのアユタヤで建設中のWelness Parkでは2部屋投資いたしましたが、そのウエルネスパークの手前に商業施設も併設されます。名前は「Little Japan」で、合計18ユニットのみの販売です。

オリジン社のプロジェクトを見学する

オリジン・プロパティ社のトロピカーナ Tropicanaというプロジェクト名のコンドミニアムの購入契約を結んでいますが、その建築状況ならびに他のプロジェクトを見学してきました。 指定された待ち合わせ場 …

積み立て商品のIFAについて

昨日、私が投資を行っているスタンダードライフ社の積み立て商品をご紹介いたしました。 今日はこのような商品を契約するときに、なくてはならない存在のIFAについて書いてみようと思います。 スタンダードライ …

カレンダー

2019年5月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

170人の購読者に加わりましょう