海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

海外投資 海外ファンド

香港IFAから来た突然のメール

投稿日:2014年4月19日 更新日:

僕は香港でStandard Life社の積立投資を行っています。


その積立投資は、IFA(Independent Financial Adviser)を通じて投資を開始しましたが、そのIFAには手数料を取るとこと取らないところがあります。そういう手数料に敏感な僕は、手数料の取らない1人IFAでここ数年取引をしていました。

彼女いわく、年に1回程度、推奨ファンドをお知らせするポートフォリオサービスを提供するとのこと。彼女はmixiや自分のブログで客集めを行っており、顧客は50人をこえるとみられます。その彼女から先日、突然メールが届き、ポートフォリオサービスの一方的な中止を宣言されました。


理由はキャパシティオーバーだそうです。前にはアドミン業務を行うアシスタントを付ける予定と景気のいいことを言っていたが嘘でした。ブログの更新もずいぶん止まっており、きっと彼女自身が行っているの株式投資に忙しいのでしょう。



また彼女の展開したポートフォリオでは、結局初期積立期間(18か月)にはボーナスが付いたので、ボーナス込の元金トータルから見ると約-10%の運用結果(ボーナス分を除いた支払った元金総額に対しては+4.9%)となり、偉そうなことを言っている割には期待はずれのパフォーマンスです。

偉そうなこと:当初「運用方法を見ながら勉強してください。」とお話ししていましたが、投資家の方がご自身で運用されているのを見ても、かなり勉強されないときちんとしたリターンがでるまでにならないように感じます。きっと想像していたよりもハードルは高いのかもしれません。(原文のまま)

契約時、契約金額や期間に応じたコミッションを受け取ってるくせに、なんとも無責任な言い草に腹が立ちます。長期間の契約となるため、女性の1人IFAということで一抹の不安はありましたが、その不安が的中してしまいました。無料でポートフォリオサービスを展開しているOさんやKさんと契約すればよかった。

この段階で彼女の示したこれからの方向性は3つ。
1つ目としてはこのまま放置。自分でポートフォリオは考え、スイッチも自分で行う。アドミン作業は彼女が引き続き行うというもの。
2つ目としては、彼女が以前所属していたタンリッチという会社に移管。ただし積立は最低2ー3年継続することが条件で、時価総額の1%を毎年手数料として払う。

3つ目は、もう条件とは呼べないね。自分で移管先を探せって。

僕は1つ目の選択肢を選びます。しかし自分で最初にコミットしたことをできないのであれば、コミッションを返金するとか、手数料の取らないIFAを探しだしてきて、そのIFAにコミッションを払ってに移管するなどの方策を取るべきだと思う。

幸いインターネットで、構成するファンドのスイッチはできますので、積立期間中のサポートはおそらく不要でしょう。しかし住所変更や支払い開始などの連絡はIFAを通さなくてはいけないと思うので、積立期間が終了する頃には(捕まえることができたら)彼女か、もしくはスタンダードライフ社に相談することにします。すべてインターネットでできれば、便利なのですが。。

やっぱ海外投資はリスクが大きいね。今回も勉強になりました。それにしても無責任な人です。メールではこうなってしまった理由をつらつら書いてありましたけど、一切謝罪の言葉はなし、むしろ彼女を介して投資している(一部の)方が悪いみたいな書き方で、後味の悪いメールでした。何回も読み返したので余計そのように感じ、ここは記事にしてみました。

-海外投資, 海外ファンド
-, ,

執筆者:


  1. 銀行 より:

    はじめまして。
    今度、両親を香港に連れて行って、共同名義口座(ジョイントアカウント)
    e道を作ろうと思って、辿り着きました。

    僕は、AMEXプラチナ経由のマルコゴールドで一発ですが、
    親のために、調べていました。

    せっかく、香港まで行っているのに、
    間をかますなんてもったいない。

    IFAを通して個人情報を持ってかれたら最後

    これじゃあ、日本の銀行で、ファンドを購入しているのと一緒。

    直接銀行で購入しましょう。

    中国系の銀行なら、日本にある支店がバックアップしてくれます。
    HSBCやスタチャンなど欧米系は助けてくれません。
    相性があるので、相性のあう中国系銀行及び銀行マンを推奨します。

    プラダのIPOなど、全ての希望したIPOが当選しています。
    多分、日本も昭和30年頃?オリンピック後から、右肩上がりの時代。
    毎年、ジュースが上がって 切符も値上がり
    かわりに、給料も上がり 定年まで働けた頃の方って投資する必要なかったのでしょう

    今の香港も、毎年、北京ダック フカヒレ 何でも値上げ
    (1香港ドル10円でたっぷり貯金しておいて良かった)

    だから、香港人中国人はIPOに興味なし

    香港は、共同名義口座が作れるし
    どっちが先でも、相続の心配しないで済む

    ぜひ、香港大好きな方だけで
    e道や
    以前はネットからだとエアポートエクスプレスが安かった
    などなど、香港の情報交換ができたら幸いです。

    (投資や営利目的が優先の方は遠慮します)

    親に散々 1香港ドル10円 1米ドル80円の時に
    「こんな円安2度とない」と言っても聞いてくれなかったのが、
    今年、やっと、日本の中国系銀行で、
    1香港13円で、13万円分の貯金をしてくれました。

    その1万香港ドルが今、円換算で15万円

    「1年経たないで、2万円の利息良かったね」
    と言って初めて、香港に行く気になってくれました。

    いよいよ100万円が 150万円
    150万円が 200万円に (普通預金でもですよ)

    • 銀行さん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      e道は、1年の間に3回の香港渡航歴もしくは、航空会社のマイレージプログラムの上級資格がいるようでした。
      香港は飛行機的にも金融的にもアジアの中心地だと感じています。
      ここをハブにこれからも海外投資を続けていきたいと思っています。
      今後ともよろしくお願いいたします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

次なる投資(1)

結局フィリピン・セブ島のワンパシフィックレジデンス購入を見送ったため、別の投資を考えております。 安定的なパフォーマンスを期待できる学生寮ファンドBrandeauxを軸に考えています。このファンドは単 …

まだまだ建設途上のLittle Japan

アユタヤウェルネスパークレジデンスの中の商業施設のリトルジャパン。 こちらは工事まっただ中です。 入り口側から眺めた現場。1階から2階への柱が建ち、2階で工事中です。

投資戦略フェアEXPO2015に参加した

先週土曜日に東京ドームシティ・プリズムホールで開催された投資戦略フェアEXPO2015に参加しました。 この催し物はブログでリンクさせていただいているのカルロス・ハッサンさんにご紹介いただき、その存在 …

Excelで為替データ取り込みシートを作成する

みなさんは海外資産の評価についてどのように行っていますか? 僕は外貨建て資産などについては、マイクロソフトのExcelで、現在の為替レートを使用して円換算やドル換算などを計算できるようなワークシートを …

次なる投資(2)

昨日に続いて次の投資について。 お世話になっている方のブログを見てみると、9月から募集開始した訴訟ファンドですが、まだ引き続き募集中とのこと。このケンタウルスシリーズは人気が高く、通常1カ月以内ですぐ …

カレンダー

2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

172人の購読者に加わりましょう