海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

海外投資 海外不動産

Little Japanの賃貸シミュレーション

投稿日:2013年4月4日 更新日:

昨日書きましたアユタヤの商業施設Little Japanにつきまして、少し書いてみます。 グローバル社からのシミュレーション資料がありましたので、購入した物件の場合に計算しなおしてみました。

購入した物件は、89.25㎡で395万バーツでした。 完成後の諸費用としては、管理費、修繕積立金、保険、ランドタックスなどがかかります。毎月およそ6,725バーツがかかります。 賃貸に出した場合、アユタヤ近辺の商業施設の場合は平米単価は850バーツとのことなので、1か月の家賃が75,800バーツほどになります。


1年目の家賃収入  909,600バーツ
1年目の諸費用    80,700バーツ
1年間のキャッシュフロー 828,900バーツ (約250万円)

年間利回りはなんと21%で、家賃を値上げしない場合でも5年弱で、投資金額を回収できます。 この案件は、当初2年間は物件価格の7%の保証がつきますので、なかなかテナントさんが見つからない場合でも、そんなにやきもきしないで済みそうです。

バンコクには数か所あって人気の高い日本村。そのコンセプトをアユタヤに持ち込み、駐在員をターゲットにしたコンドミニアムのゲート付近に立地、向かいにはローカル向けのショップも40軒ならび、ある程度のキャパのあるモールになります。 来年完成時には、うまく長続きしてくれるテナントさんが見つかりますように。

-海外投資, 海外不動産
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラップラオ地区を散策する

バンコクで滞在する時には、スクンビット地区に宿泊するのがほとんどですが、ラップラオ地区は地下鉄も開業して便利そうです。 そこでそのあたりがどんな感じか散策して、ロングステイに適切な場所かどうかチェック …

タイ・アユタヤの商業施設「Little Japan」

タイのアユタヤで建設中のWelness Parkでは2部屋投資いたしましたが、そのウエルネスパークの手前に商業施設も併設されます。名前は「Little Japan」で、合計18ユニットのみの販売です。

ウェルネスパークレジデンスに泊まってみた

現在、タイに来ております。有休消化中の旅行です。 海外投資物件のアユタヤ・ウェルネスパーク泊まるべく、ドンムアン空港でレンタカーを借りて、アユタヤに行きました。 ここに来るのは今年の2月以来となります …

オリジン社のプロジェクトを見学する

オリジン・プロパティ社のトロピカーナ Tropicanaというプロジェクト名のコンドミニアムの購入契約を結んでいますが、その建築状況ならびに他のプロジェクトを見学してきました。 指定された待ち合わせ場 …

積み立て商品のIFAについて

昨日、私が投資を行っているスタンダードライフ社の積み立て商品をご紹介いたしました。 今日はこのような商品を契約するときに、なくてはならない存在のIFAについて書いてみようと思います。 スタンダードライ …

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

172人の購読者に加わりましょう