海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

海外ファンド

訴訟対策ファンド 新シリーズは優遇あり!

投稿日:2013年11月11日 更新日:

僕も投資している訴訟対策ファンドの新しいシリーズが新しいシリーズが発表されました。
今回はひさしぶりに既存投資家への優遇があり、新規の投資家に対しても
優遇があります。

それは投資した金額に対して、新規投資家には10%、既存投資家には15%のアップリフトだそうです。つまり送金した金額からその分、上乗せして投資してくれるというものです。このようなアップリフトは僕の把握している限りは過去には1回しかありません。1年半前のやつは既存投資家に25%、新規投資家には11%のアップリフトでしたらから、すごいファンドでしたね。


ファンド自体は元本保証、単利の9%で3年目には満期ボーナスとして別に9%で3年目の利払いは18%となります。3年のクローズド・エンド型のファンドとなります。USD,GBP,AUD建てで最低投資額は3万ドルとなります。リスクはこのファンド会社の消滅です。

本日の香港時間で午前9時までが既存投資家による仮申し込み期間中で、11月11日から新規投資家も申し込みをすることができます。

そして昨日、そのファンド会社から立派な目論見書が送られてきました。うーむ、金かかっているなー。

photo:01

送金先は、いつものように香港のスタンダードチャータード銀行です。前回送金した時に登録した口座と同じ番号のようなので、シティバンクから送金できそうです。


-海外ファンド
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Royal London360のIFA移管

積立一括投資としてロイヤルロンドン360社のPIMSというラップ口座を2011年からやっております。これは超長期の投資として、20年後くらいに使えればいいかなーという腰のすえたもの。 タイのバンコクに …

スタンダードライフで一部スイッチングを行う

先日、スタンダードライフのポートフォリオを夏相場対応で見直しました。 スタンダードライフのサイトで、それぞれのファンドのパフォーマンスを眺めていたら、なんか事前に情報収集していたパフォーマンスとは異な …

スタンダードライフのポートフォリオを見直す その2

僕の毎月投資しているスタンダードライフのHarvest 101 Supremeという商品は、約300のファンドからポートフォリオを構成することができます。 それらのファクトシートや詳細なレポートは、ス …

香港IFAから来た突然のメール

僕は香港でStandard Life社の積立投資を行っています。 その積立投資は、IFA(Independent Financial Adviser)を通じて投資を開始しましたが、そのIFAには手数料 …

バンコクでの海外投資勉強会

金曜日にゴルフ場にて、フィナンシャルアドバイザーの会社のパーティに参加しまして、土曜日にはその会社の紹介と、近くのホテルにて勉強会が開催されました。 金曜日はほとんどの方はゴルフコンペに参加、しかし日 …

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

167人の購読者に加わりましょう