海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

海外投資

商事系ファンドがピンチで、救済ファンドに追加投資を決意する

投稿日:2015年3月18日 更新日:

かねてから投資を行っていた事業系ファンド(海外籍)があります。そこの運営が持ち逃げ等の不祥事にまきこまれ、元本欠損のピンチとなりました。そしてその事業を継続するため資金を調達する救済ファンドの募集がありました。

いろいろと投資を行い、さらに太陽光コンパクト・ソーラー発電所の頭金なども払わなくてはいけなく、原資は乏しいのですが、少しでもお役に立ちたいと思い、この救済ファンドにもいくばくか投資することにしました。


結局原資は、このブログでも紹介していました優待株にします。それも長期保存していたやつを、幸いアベノミクスの影響のためか値上がりしていたこともあり売却することにしました。売ったのはハウス食品、SB食品、キューピー、カネ美食品です。

救済ファンドは、5000イギリスポンドから投資でき、償還時期が未定、償還されたら日割りで年利10%の利回り保証です。それよりもなによりも、元のファンドの事業が継続されますように、微力ながら協力したいというわけなんです。

YJFXで円から英ポンドに両替して、現受でシティバンクの口座に送金してから、窓口で送金を行います。
きっと今月中には送金できるのではと思います。

-海外投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コソボ共和国のランドバンキング

東ヨーロッパで、元ユーゴスラビアに属しているコソボ共和国って知っていますか。コソボ紛争が有名ですが、もう紛争はずいぶん前に終わり、現在は平和な国だそうです。僕が所属している投資クラブでそこのランドバン …

no image

バンナー、ウドムスックエリア視察

BTSスクンビット線の延伸区間であるオンヌットーベーリン間のバンナー駅とウドムスック駅を見に行ってきました。 バンナー駅は終点ベーリン駅の一つ手前です。

no image

チャーリーの知恵袋からLittle Japanのメールが来た

チャーリータカのメルマガである、チャーリーの知恵袋というものを購読しているが、土曜日そこに「タイで一緒にお店をやってみませんか?」というタイトルでメールが届いた。 なんじゃこれはと思いながら、見てみる …

ウェルネスパークの自分のお部屋

A棟B棟は今月末から来月にかけて引き渡しとのことなので、自分のお部屋を実際に見ることができました。 さあて、どんな感じでしょうか? クラブハウスに隣接した形で、左にA棟右にB棟となっています。

Little Japanはまだ完成に至らず

さてお次はリトルジャパンに行きます。 かなり工事が進行しています。 クラブハウス側から眺めたリトルジャパンです。

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

169人の購読者に加わりましょう