海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

海外投資

コソボ共和国のランドバンキング

投稿日:2012年9月28日 更新日:

東ヨーロッパで、元ユーゴスラビアに属しているコソボ共和国って知っていますか。コソボ紛争が有名ですが、もう紛争はずいぶん前に終わり、現在は平和な国だそうです。僕が所属している投資クラブでそこのランドバンキングを扱っています。

6月頃に売出しがあり、最低投資区画の100平米を1万ユーロで購入しました。主催者の話ですと、出口戦略は3年後にコンドミニアム建設のデベロッパーにおよそ3倍の価格で売却する予定とのことです。ポイントは個人では購入できない不動産を会社設立することにより可能にしているというところです。


ただこれからしばらくはいきなり円安には向かわず、ユーロ安の方向に行くような予感がしているので、円に換算するとそんなには美味しくないかもしれません。でも最終的にはユーロで保有して、ユーロで消費するのであれば問題はないかと。

今週、そのコソボのランドバンキングで隣接地も取得したため、同じスキームで追加販売するということで、もう100平米申し込みをいたしました。追加申し込みなので、会社設立費用はかかりません。申込金は1000ユーロ、残金の9000ユーロを来月・再来月と分割で支払って、購入は完了です。今後は会社維持費用が毎年100ユーロ、売却時には売却益の10%と手数料が土地価格の6%徴収されます。売却後会社を清算する場合には500ユーロかかるそうです。

ということはたくさんの区画を持っているほうが維持費が安そうです。一度、コソボ共和国に行ってみるかな。首都はプリシュティナというところで、中央ヨーロッパの主要都市と直行便があるそうです。

-海外投資
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウェルネスパーク 朝食を食べてみた

アユタヤのウェルネスパークには2泊しました。 これはウェルネスパークのオーナーは、1年間7泊の無料宿泊ができる権利を利用したものです。とはいっても1人1泊800バーツのリネン代等負担がありますが。 せ …

バンコクのコンドミニアム検討開始

12月1日にバンコク大家さん主催のバンコク・コンド・ショーに行ってきました。 バンコク大家さんから、「スカイトレイン&地下鉄路線から考えるバンコクのロケーション特性について」というタイトルでお話があり …

no image

Little Japanの賃貸シミュレーション

昨日書きましたアユタヤの商業施設Little Japanにつきまして、少し書いてみます。 グローバル社からのシミュレーション資料がありましたので、購入した物件の場合に計算しなおしてみました。 購入した …

オリジン社のプロジェクトを見学する

オリジン・プロパティ社のトロピカーナ Tropicanaというプロジェクト名のコンドミニアムの購入契約を結んでいますが、その建築状況ならびに他のプロジェクトを見学してきました。 指定された待ち合わせ場 …

タイ・バンコクのコンドミニアム検討開始

さて今後の投資について考え始めようと思います。 将来、僕はタイに移住しようと思っています。タイは日本と同じ仏教国で、心安らぎます。また物価が安く、日本のだいたい3分の1から半分くらいって感覚です。タイ …

カレンダー

2019年5月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

174人の購読者に加わりましょう