海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

海外投資 海外ファンド

積み立て商品のIFAについて

投稿日:2012年9月4日 更新日:

昨日、私が投資を行っているスタンダードライフ社の積み立て商品をご紹介いたしました。

今日はこのような商品を契約するときに、なくてはならない存在のIFAについて書いてみようと思います。

スタンダードライフ社でもフレンズプロビデントインターナショナル社でも直接保険商品を購入することはできません。間にIFA(Independant Financial Advisor)を仲介させないといけません。


IFAは契約者のポートフォリオ(ファンド構成)を管理して、契約者の利益が最大になるようにスイッチングをしたり、キャッシュアカウントに資金を退避させたりします。

日本で有名なところではグランタークやアロイがあります。最初のうちはいいのですが、資金が大きくなった時点で大きな問題をはらんでいます。これらの会社は時価総額に対して、年間1%程度の手数料をとります。SL社やFPI社へのプラン手数料等の他にIFAの手数料が課金されるわけです。

たとえば時価総額が1億円まで膨らんだとしたら、IFA手数料だけで年間100万円の支払いが必要です。これは無視できない数字です。日本のアブラハムプライベートバンクもだいたい同額の年0.945%の手数料です。

香港のIFAの中でも年間の手数料を取らないIFAも存在します。僕はそのようなところでスタンダードライフ社のHarvest 101 Supremeを契約しました。ではIFAはどこで商売しているのか?それは契約時に契約年数と毎月の金額に応じてキックバックが発生しているのです。

積み立てを10年以上コツコツやっているといつの間にか時価総額は大きな額となってきます。毎月や四半期ごと、または年間で支払う手数料というものもそれに比例して大きくなるもの。IFAのスイッチはなかなか難しいと聞きます。最初の選択が肝心ですね。

あとSL社やFPI社もWebサイトが準備されており、契約者自らがファンドをスイッチすることができます。ただし契約満了時や出金、ホリデー(積み立て停止)の依頼などはIFAを通すとスムーズに行えますので、やはりIFAは必要だと感じます。

-海外投資, 海外ファンド
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウェルネスパークの自分のお部屋

A棟B棟は今月末から来月にかけて引き渡しとのことなので、自分のお部屋を実際に見ることができました。 さあて、どんな感じでしょうか? クラブハウスに隣接した形で、左にA棟右にB棟となっています。

訴訟対策ファンドの勉強会に行ってきた

先日記事にしました訴訟対策ファンドの勉強会が渋谷でありましたので、参加してきました。参加者はおよそ30名。会場は満席でした。 先日の記事はこちら。 訴訟対策ファンド 新シリーズは優遇あり! photo …

スタンダードライフのポートフォリオを見直す その1

先日の投資戦略フェアEXPO2015に参加したという記事で、夏相場・冬相場の話がありましたが、それに対応してラップ口座のポートフォリオを見直すことを考えました。 今月末からは株価が上がらない、夏相場が …

ウェルネスパーク 朝食を食べてみた

アユタヤのウェルネスパークには2泊しました。 これはウェルネスパークのオーナーは、1年間7泊の無料宿泊ができる権利を利用したものです。とはいっても1人1泊800バーツのリネン代等負担がありますが。 せ …

バンコクのコンドミニアム検討開始

12月1日にバンコク大家さん主催のバンコク・コンド・ショーに行ってきました。 バンコク大家さんから、「スカイトレイン&地下鉄路線から考えるバンコクのロケーション特性について」というタイトルでお話があり …

カレンダー

2019年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

170人の購読者に加わりましょう