海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

海外投資 海外ファンド

積み立て商品のIFAについて

投稿日:2012年9月4日 更新日:

昨日、私が投資を行っているスタンダードライフ社の積み立て商品をご紹介いたしました。

今日はこのような商品を契約するときに、なくてはならない存在のIFAについて書いてみようと思います。

スタンダードライフ社でもフレンズプロビデントインターナショナル社でも直接保険商品を購入することはできません。間にIFA(Independant Financial Advisor)を仲介させないといけません。


IFAは契約者のポートフォリオ(ファンド構成)を管理して、契約者の利益が最大になるようにスイッチングをしたり、キャッシュアカウントに資金を退避させたりします。

日本で有名なところではグランタークやアロイがあります。最初のうちはいいのですが、資金が大きくなった時点で大きな問題をはらんでいます。これらの会社は時価総額に対して、年間1%程度の手数料をとります。SL社やFPI社へのプラン手数料等の他にIFAの手数料が課金されるわけです。

たとえば時価総額が1億円まで膨らんだとしたら、IFA手数料だけで年間100万円の支払いが必要です。これは無視できない数字です。日本のアブラハムプライベートバンクもだいたい同額の年0.945%の手数料です。

香港のIFAの中でも年間の手数料を取らないIFAも存在します。僕はそのようなところでスタンダードライフ社のHarvest 101 Supremeを契約しました。ではIFAはどこで商売しているのか?それは契約時に契約年数と毎月の金額に応じてキックバックが発生しているのです。

積み立てを10年以上コツコツやっているといつの間にか時価総額は大きな額となってきます。毎月や四半期ごと、または年間で支払う手数料というものもそれに比例して大きくなるもの。IFAのスイッチはなかなか難しいと聞きます。最初の選択が肝心ですね。

あとSL社やFPI社もWebサイトが準備されており、契約者自らがファンドをスイッチすることができます。ただし契約満了時や出金、ホリデー(積み立て停止)の依頼などはIFAを通すとスムーズに行えますので、やはりIFAは必要だと感じます。

-海外投資, 海外ファンド
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スタンダードライフのポートフォリオを見直す その2

僕の毎月投資しているスタンダードライフのHarvest 101 Supremeという商品は、約300のファンドからポートフォリオを構成することができます。 それらのファクトシートや詳細なレポートは、ス …

no image

フィリピン商業案件について

昨日、合同会社2013キックオフセミナーが開催され、フィリピンの商業案件の紹介がありました。 チャーリータカさんや真田孔明さんが昨年投資した商業物件(年間利回りが50%以上とか紹介されているもの)とは …

no image

フィリピンのワンパシフィックレジデンス予約しました

本日発売開始のグローバル社物件、フィリピン・セブのワンパシフィックレジデンスの予約をしました。 この物件はセブのマクタン島のコンドミニアムで、しかもフィリピンの永住資格がついているというもの。僕にとっ …

ウェルネスパークレジデンスに泊まってみた

現在、タイに来ております。有休消化中の旅行です。 海外投資物件のアユタヤ・ウェルネスパーク泊まるべく、ドンムアン空港でレンタカーを借りて、アユタヤに行きました。 ここに来るのは今年の2月以来となります …

no image

Wellness Parkのモデルハウス

昨日に引き続きまして、アユタヤ・ウエルネスパークの建設現場に行った際のレポートです。 そこのセールスオフィスにはモデルルームが設置されています。そこを実際に見て、カメラに収めてきましたのでご紹介します …

カレンダー

2019年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

171人の購読者に加わりましょう