海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

その他

ジョージアヨーロピアンのリニューアル記念イベントに参加しました

投稿日:2014年4月13日 更新日:

ジョージアヨーロピアンのリニューアル記念イベント「猿田彦珈琲ワークショップ」に参加しました。
場所は青山のCoffee House European。ジョージアの香るブラックを監修した恵比寿の猿田彦コーヒーとその発売元のコカ・コーラの研究開発担当者を呼んだワークショップです。

photo:01

最初席につくとコーヒーが出されました。テーブル上には意味ありげな封筒が。イベント開始までこの封筒は開けるなとのことでした。
さてその入れて頂いたコーヒーは、普段僕が飲んでいる(セブン-イレブンwの)コーヒーよりも若干薄いかなって感じ。

photo:02

飲んでみたら、コーヒーカップの底に「実は缶コーヒーでした。ジョージア・ヨーロピアン」の文字が。そういうことですか。
4月7日からフルリニューアルしたジョージアヨーロピアンだそうです。

photo:03

こちらMCの鈴木まひるさん。

photo:04

猿田彦珈琲の大塚朝之(ともゆき)さんからのご案内になります。
ヒロ杉山さんデザインの看板、無料で看板を作ってくれた。奥さんが猿田彦珈琲でやろうと言い出した。それが猿田彦の理由。神社の人たちが来てくたり、助かっているそうな。
スペシャルティコーヒーを使った珈琲屋を営んでいる。「コーヒーとして心から美味しいと思えるものを」というコンセプトで心地よいコーヒーを提供したいとのこと。そのスペシャルティコーヒーとは、
カップ(コーヒー)が美味しい 8項目において採点をして80点以上のものでユニークで美味しいもの。
フレーバーに特徴があり、甘さの感覚が残り、風味の特性があるコーヒーだそうだ。また透明性が高く、コーヒーを作っている農園が限定されるとのこと。全然知らんかった。

photo:05

本日試飲するコーヒーは、コスタリカのシンリミテス。深みのある味わい。リンゴのようなさわやか、チョコナッツくるみ。余韻にはちみつ

photo:06

焙煎師の方が目の前でコーヒーをドリップしていただいた。ちょっと湿らせて、ぷくぷく膨らませてから、中心に熱いお湯を注いでいく。あくまでも中央部に注ぐそうだ。外側に注ぐと紙を伝ってコーヒー部分を通らないそうだ。使っている器具はお家のドリップよりも角度がきついもの。

photo:07

入れていただいたコーヒーは酸味がつよく、最後に甘みが残る複雑な味。これがスペシャルティコーヒーか。
美味しい12人、普通3名、苦手4名という結果。

photo:08

甘さ、フレーバー、マウスフィール、アフターテイストにおいて、コーヒーの油分であるコーヒーオイルが重要。まろやかさや香りの部分がそのコーヒーオイルに溶け込みやすい。ペーパーだと油分を濾してしまう。
次はステンレス製のドリップでコーヒーを入れる。こうするとコーヒーオイルが漉されずに、コーヒーに残るそうだ。
悪い点は、コーヒーに微粉が残る点。

photo:09

 

photo:10

さて、試飲です。え~っ、同じコーヒー豆とは思えない。酸味がすごく少なく感じ、全体的なバランスがとってもよい。でも香りがもったりとしているかも。会場の人たちのほとんどがこちらのほうが美味しいと手を上げました。猿田彦の大塚さんは少し残念そうでしたw

photo:11

最後の方は飲まないで捨てちゃいます。もったいないような気がします。。

photo:12

ここでコカ・コーラの製品開発担当のたちばなさん登壇
ジョージア・ヨーロピアンでは金属フィルターを使用してコーヒーオイルが残るような設計にしました。
微粉については、豆を挽いたときに細かい粉を除去する。しして抽出したコーヒーを遠心分離させることにより微粉を取り除いた。
コーヒーオイルの影響でラウンドが改善された。缶コーヒーでスペシャルティコーヒーを目指した。いままでと違う観点のコーヒーを作れることで新鮮でした。その猿田彦さんの要望に答えるのに、深夜まで面白かった。200回以上試作を行って、ラウンド感を目指した。
コカ・コーラの人たちの真剣なコーヒーに対する姿勢に驚いた。色々わがままを聞いてもらった。(大塚さん)

photo:13

トークセッションの後は、ジョージアヨーロピアンの試飲タイムとなりました。
うーむ、最初に飲んだコーヒーよりも美味しいぞ。最初のコーヒーは何だったのかを聞いてみなきゃいけない。
香りよし、深みもあって、缶コーヒーだとは全く思えない美味しさ。缶じゃなくて、陶器のコーヒーカップで飲んでいるかかもしれない。温度も缶コーヒーのものよりも高いためか、香りが出やすいと感じる。

photo:14

最後にはお土産もいただきました。

photo:15
photo:16


今回のイベントでは、缶コーヒーの可能性を感じた。温度をもっと高く提供できたほうがいいのではないだろうか。どうしても缶の金属臭を感じてしまうし、ブラックになると薄っぺらい味わいになってしまう。
実際に質問してきいてみた。
最初の1杯と、最後の1杯は全く同じものだそうだ。うそーっ、といいたくなるくらい。自分の舌の限界を感じたのだ。
それにしても、猿田彦珈琲の大塚さんとコカ・コーラのたちばなさんの開発秘話を聞いてからだと、美味しさが倍増したのだろう。コーヒーオイルの存在もおおきいものだろう。
それにしてもコーヒーに対するみなさんの姿勢には頭が下がる思いだ。
自分でももっと美味しいコーヒーを入れてみようと思う。今度金属製のコーヒーフィルター買ってみようかな。

-その他

執筆者:


  1. りぼん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    先日りぼんの働いている ケーキ屋さんに
    お客様が猿田彦珈琲を持ってきてくださり
    店長さんがそのコーヒーを入れてりぼんも
    ご相伴させていただきました。
    とっても美味しくて すごく飲みやすかったです。
    いつもは『さかもとコーヒー』を飲んでいますが
    それに負けないくらい おいしくてビックリしました。
    ホントに美味しいコーヒーを飲むと『○○バ』のコーヒーは飲めなくなりますね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    りぼんさん、コメントありがとうございます。
    コーヒーの世界が広いことを昨日体感しました。いつもはやなかコーヒーなんですが、まずはフィルターの傾斜のきついものを買ってみようかなと思っています。
    猿田彦珈琲は恵比寿なので会社から近いです。一度行ってみようと思います。

  3. ヒロコ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私はコーヒー飲まないけど、金属フィルターもっています。
    紙だとゴミになるし、買い続けなくちゃならないので、いいかな、と。
    味も美味しいとの話だしね。
    アマゾンでも買えますよ。お勧め。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    ヒロコさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    紙→コーヒーオイルは濾してしまう
    金属→オイル部分は飲む。しかし微細粉もコーヒーに入る
    体には紙フィルターの方がよさそう。とりあえず現在の紙がある間は使い続けて、次は角度のきついものを試してみようと思います。
    ちなみに私のコーヒーを飲む頻度は週2回程度です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オートバイ駐輪場について見送りする勢い

先日オートバイの駐輪場の権利が来た記事を書きました。 オートバイ駐輪場の順番がきた  ホンダやスズキのバイクを調べてみたのですが、250ccのCBR250Rがいいかなあッて思って、前向きに検討していま …

ヒト型ロボ「Pepper」、発売からわずか1分で完売-初回分300台

ソフトバンクのCMでもおなじみの人型ロボットのPepper。 開発者向けに2月27日に発売したのですが、わずか1分で販売予定数300を超える申し込みがあり、受け付けを終了したとのことです。 すごいです …

ブルートレインが2015年にも全廃

ブルートレイン廃止のニュース見ました。どんどん減っていて、今では大阪駅発着するブルートレインはもうありません。現在残っている上野-青森間を結ぶ「あけぼの」、上野-札幌の「北斗星」も廃止が決まったそうで …

お芝居を見に行ってきました

昨日の夜、うさぎ庵公演Vol.10なる『よわくてやわらかくてつよい生き物』というお芝居を観てきました。 実は作者・演出が、中学高校時代のクラスメート。その彼女から見に来てねーと言われて、行ってきました …

日本さかな検定を受検しました

昨日も記事にしました第4回日本さかな検定を受検しました。 会場は品川にある東京海洋大学、前の東京水産大学です。ここに来るのも3回目になります。一昨年は品川シーサイドに住んでいたので、自転車で来たっけ。 …

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

172人の購読者に加わりましょう