海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

国内投資

太陽光発電所オーナー会に参加した

投稿日:2015年3月13日 更新日:

申し込みはしたもののこれから建設されるコンパクトソーラー発電所のオーナーお食事会が開催されました。
会計士による節税セミナーもあるということなので、参加してきました。


image

内容は株式会社フィットの代表の方から「現状の発電所の状況とフィットの今後の展開」、そして会計事務所の先生から「太陽光発電事業の確定申告知識とグリーン投資減税手続きの説明」「平成27年度も即時償却が出来る!?」というものでした。

最初の鈴江社長からは、2015年3月時点でコンパクトソーラー発電所は260区画完成しているとのこと。
僕がセミナーに参加した頃の2013年11月以降、販売好調ゆえに工事が遅れに遅れてしまってごめんなさい。またその余波で2014年中盤から販売は実質ストップだったそうです。 

そしてコンパクトソーラー発電所について分かった事は、エリアにより発電量に差があったり(吉野川南の山側が不利)、影の影響で発電量に差が出るとのことでした。 

また今後のトピックとして現在、1kwあたりの売電単価が29円ですが、2015年7月以降27円となること。
政策金融公庫の融資の金利が4月から1%アップするとのこと。また新制度があって、2016年3月31日まで一括償却もできるかもとのこと。27円でもまだまだ勝負できるのでは~との意気込みでした。

また西川会計事務所の杉本先生から実に興味深いお話がありました。

売電収入は事業所得となり、給与所得と損益通算が可能になるとのこと。
青色申告承認申請は、事業を開始した日から3ヶ月以内に行わなければいけない

即時償却は2015年3月31日取得分までで、それ以降は30%特別償却となるんだけど、もしかしたら生産性向上設備投資促進税制で、2016年3月31日までは、即時償却もしくは税額控除5%を選択できるかもしれないとのこと。これ使えたら大きいね。

そのあと、近所のイタリアンレストランでお食事会でした。
このようなオーナー会を今後は定期的に開催していくとのことで、特に税制関係の貴重な話をきくことができました。

-国内投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

吉野家の株主優待

一般口座で長期保有株の吉野家の株主優待が届きました。 業績は悪くないようだな。日本人のソウルフードの一つの牛丼、このまま保有じゃ。

マルハニチロから海のあじわい便の案内が届く

NISA口座で長期保存中のマルハニチロの株。 年に1度、缶詰セットが送られてくるので、食材に活用しています。 そのマルハニチロからお魚関連の商品のパンフレットである、海のあじわい便のDMが届きました。 …

太陽光発電施設に対する投資

現在、検討している投資案件があります。 太陽光発電のクリーンエネルギーを政府が20年間の買い取り保証をしているため、ほぼ安定して売電収入があるスキームがあることは知っておりました。ただしその設備を買う …

ヴィレッジヴァンガードの株主優待券が届く

郵送でヴィレッジ・ヴァンガードの優待が届いていました。 これは年に1回、ヴィレッジ・ヴァンガードの各店で使える優待券1000円券が10枚綴りになっています。

2015年3月キューピーの株主優待

今年も突然キューピーの株主優待が送られてきました。 キューピーの株主優待は、100~999株保有で1,000円相当の商品詰め合わせ、それ以上で3,000円相当の商品詰め合わせとなっています。僕の場合は …

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

167人の購読者に加わりましょう