海外投資でアーリーリタイアメント、日本の非居住者へ

日本の非居住者となり、PT(Permanent Traveler)になるのが当面の目標。そのためオフショアファンドなど色々な投資を行い、ときにはノマド生活も視野に入れながら、海外へ羽ばたきます。

iPad Apple

Apple Watchを試着する

投稿日:2015年4月23日 更新日:

アップルストア渋谷店に行ってきました。お目当ては4月10日に予約開始されて、24日に発売されるApple Watchの試着です。
いつものようなインターナショナルな店内に入ります。

image

1階のApple Watchコーナーには、このようにデモ機が置いてあります。


image

試着は2つまでOKとのことなので、ケースサイズが大きい方の42mmで、Sportsの黒いバンドのものと、通常版であるApple Watchの銀色のバンドのものをお願いしました。

まずはこれ。Sportsです。装着してみて、チープな感じはしません。むしろ高級感を感じます。

image

実際に操作することはできず、デモ用アプリが動いています。とっても軽いです。

image

さてこちらが通常版です。画面の縁がステンレス製となっています。
この「目標達成」の画面表示の時に、装着部分をアップルウォッチがたたいてくれます。その振動は妙にしっくりきます。

image

黒い革製のバンドも試させてくれました。革ですが、先端部分に磁石があり、ピタッとついてくれます。

image

このようにスタッフがつきそって装着してくれます。
今回、試してみてわかったことは、廉価版であるSportsが全然貧乏くさくなく、むしろ軽くて装着感がよかったこと。
iPhoneのように毎年新製品を出してくるようだと、買い時が非常に迷いますが、1つ所有していてもいいかななんて思ってしまいました。
いまから予約すると、早くて6月の納品だそうです。(予約しませんでしたけどね。。)

image

ついでにiPadも触ってきました。
毎晩、寝る前にiPadで発言小町を見てから寝るのが日課になっていますが、現在持っているiPad2は重いんですよね~。

iPad Air2は、いまのやつの半分くらいの重量でしょうか。すごく軽かったです。

image

iPad Air2とiPad Airの薄さ比較。かなりiPad Air2(右側)は薄くなっていることがわかります。

image

アップルストアに行って、実機を見て触ってみるとイメージがふくらみます。
Apple WatchとiPad Air2については、いまのところ”待ち”ということにしました。

-iPad, Apple

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アップルストア銀座でiPad Airを触ってみる

銀座に用があったので、アップルストアに行って、11月1日に発売されたiPad Airを見てきました。   平日の午後でも、なかなかの人のいり。さすがアップルです。スタッフの方々はいつものブル …

iPad 第3世代をヤフオク出品を延期する

先日、iPadをヤフオクに出した記事を書きました。 iPad 第3世代をヤフオク出品する 本日夜に終了予定だったのですが、ウォッチリストが5と全然振るわず、もちろん昨日夜時点で入札もなかったため、オー …

iPad Airはすごいイノベーション

昨日、iPadとiPad miniの新しい機種が発表されました。 iPadはiPad Airという名前になって新登場です。 iPad Air iPad Airの重さが469gで、iPad4から181g …

Mac Book AirのケースをAmazonで購入

先日、発注したMac Book Airですが、まだ手に入っておりません。 カスタマイズモデルなので即日配送ではないのはわかりますが、いつになるんでしょうねー。楽しみです。 さてMBAの到着を前に、表面 …

Mac Book Airがやってきた

先日に発注していたMac Book Airをついに手に入れました。 iPhoneやiPadは持っていましたが、Macは生涯で初めての購入となります。 アップルストア銀座で引き渡しでした。アップルストア …

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kob_c200kt@infoseek.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

167人の購読者に加わりましょう